マウスピース矯正 SmileTRU

目立たない・違和感がない・リーズナブル マウスピース矯正 SmileTRU 新しい矯正のカタチです。

SmileTRUは、米国発の世界各国で実績のあるマウスピース型(アライナー)矯正システムです。
薄く透明なマウスピースを使用するため、矯正治療をしていることに気付かれ難く、今までの矯正装置とは違い、目立たず、違和感やストレスが少なく、費用を抑えて治療が可能です。

「前歯の傾きがちょっと気になる」「歯と歯の隙間をなくせたら」「あとちょっと歯並びを良くしたい」と思ったことはありませんか?「コストや労力をかけてまで矯正治療をするほどでも・・・」と諦めていませんか?

バニラ歯科の「マウスピース矯正 SmileTRU」を是非ご検討下さい。

安心、安全、高精度。
世界基準で作られます。

歯型模型を最先端レーザースキャニングマシンで3Dデータにし、米国本部のSmileTRU社に送ります。
そこで矯正医を含む専門チームが歯を正しくきれいな位置にデザインします。患者様は治療を始める前に、最終的な歯並び予測を3D画像上で確認することができますので安心してスタートできます。

定期的に交換するだけ。
快適な日々を送れます。

使用方法はとても簡単。1日20時間装着し、2週間ごとに新しいマウスピースに交換するだけです。
マウスピースはすぐに慣れるため、会話にストレスはありません。取り外しが自由にでき、ブラッシングが容易でお口もマウスピースも衛生的に保てます。

マウスピース矯正 SmileTRUの適応範囲​

治療難易度 説明(治療部位) アライナー枚数 治療期間(目安)
Level 1
前歯部のみの移動で治療可能なケース
6~10枚
(片顎)
3~5ヶ月
Level 2
小臼歯までの移動が必要なケース
10~15枚
(片顎)
5~8ヶ月
Level 3
全ての歯の移動が必要なケース
Level 4
事前に他の矯正装置での治療が必要なケース

※バニラ歯科のマウスピース矯正は、
「Level 1」「Level 2」のみ対応しています。

SmileTRUシステムには適応範囲があります。不正な歯並びは、[顎骨の問題(上下の顎骨の大きさのバランスが悪い)]、[歯の生える位置の問題]に分けられます。
アライナー治療では顎骨は治せず、歯の移動のみ行います。SmileTRUでは、しっかりと正確に診断を行い、無理に治療を勧めることはありません。ケースによってはお断りさせていただくことがございますので、あらかじめご了承ください。
その場合、バニラ歯科では患者様に最も適した矯正治療方法をご提案いたします。

「マウスピース矯正 SmileTRU」の治療の流れ

  1. カウンセリング(来院1回目)

    カウンセリング(来院1回目)

    口腔内の状況をチェックし、虫歯や歯周病、顎関節症など疾患のある場合は、事前に治療を行い、SmileTRUの説明や患者さまのご希望などを問診します。
    レントゲン写真、口腔内写真を撮影し分析してSmileTRUに適応しているか診断を行います。

    ※適応外のケースの場合ありますのでご了承ください。分析結果は後日ご連絡いたします。

  2. 治療準備(来院2回目)適応症例と診断された方

    治療準備(来院2回目)適応症例と診断された方

    1. 印象採得(歯型採り)を行います。
    多くのアライナーシステムは複数回の印象採得が必要となりますが、SmileTRUは最新デジタル製作のため、印象採得は一度だけです。

    2. 国内で模型を3Dスキャニングしデータ化します。そのデータを米国本部のSmileTRU社に送り、米国にてデザインを行います。

    ※模型作成料、3Dデータ作成料として1万円(税込)いただきます。

  3. カウンセリング(来院3回目)

    カウンセリング(来院3回目)

    クリニックへデータが送られ、治療を始める前に、最終的な歯並び予測を3D画像上で確認することができます。
    アライナーの枚数により料金が決まります。大まかな期間と費用の説明をさせていただきます。
    患者さまの同意を得てからアライナー製作に入ります。

    ※ここでキャンセルされる場合データ作成料の返金はしておりません。ご了承ください。

  4. アライナーの装着準備(来院4回目)

    アライナーの装着準備(来院4回目)

    アタッチメントと呼ばれる歯を動かすサポートである小さな突起を歯に接着させます。白く小さな突起なため目立ちません。
    症例によっては不要の場合もあります。付ける箇所はラボから指示があります。
    必要箇所にIPR(隣接面削合 = 歯と歯の間を削る)を行います。重なりあっている歯を今の顎のスペースに綺麗に並べるためにはスペースが必要です。
    通常スペースを作るために抜歯を行うこともありますが、IPRは抜歯を極力しないための方法です(1ヶ所最大0.5mm)。症例によっては不要の場合もあります。
    アライナーをお渡しします。使用方法・注意点の説明があります。

  5. アライナーの装着(ご自宅で)

    アライナーの装着(ご自宅で)

    1日20時間以上装着します。飲食、ブラッシングのときは外してください。
    規定の時間を守らないと予定通りに進まない可能性があります。
    2週間に一度クリニックにてチェックを受け、主治医から次のアライナーを受け取ってください。

症例

before
before
after
after

SmileTRU[Level 2] 23歳。
治療期間4ヶ月

before
before
after
after

SmileTRU[Level 1] 38歳。
治療期間3ヶ月

before
before
after
after

SmileTRU[Level 2]+ ラミネートベニヤ
治療期間5ヶ月

before
before
after
after

SmileTRU[Level 2] 42歳。
治療期間6ヶ月

SmileTRUシステムには適応範囲があります。不正な歯並びは、[顎骨の問題(上下の顎骨の大きさのバランスが悪い)]、[歯の生える位置の問題]に分けられます。
アライナー治療では顎骨は治せず、歯の移動のみ行います。SmileTRUでは、しっかりと正確に診断を行い、無理に治療を勧めることはありません。ケースによってはお断りさせていただくことがございますので、あらかじめご了承ください。
その場合、バニラ歯科では患者様に最も適した矯正治療方法をご提案いたします。

ページの先頭へ